ロゴ

生活習慣病のリスク【脳梗塞を発症したらリハビリが必須!】

レントゲン

脳梗塞を発症したら【その後のリハビリについて】

脳梗塞を起こすと、脳細胞の一部が麻痺をしてしまいます。そのため体の一部などが動かなくなると言った後遺症に悩まされます。後遺症からの回復には、リハビリが必要になるのです。

年配男性

糖尿病の食事について考える【病気が発症する前に】

糖尿病は発症にも治療にも食事が深く関与します。適切な食事を取ることで、糖尿病の発症予防になります。糖尿病の患者さんにも食事療法が効果的です。どんな方でもバランスの取れた食事が大切なので、糖尿病の食事を知って治療へ前向きに取り組みましょう。

レビュー

医者

脳腫瘍の初期症状について理解しよう【患者の声をチェック!】

脳腫瘍は怖い病の一つですが、初期症状は脳とは関係ないと感じがちな視力の低下だったり、よく起きがちな頭痛ということが多いので、少し異変を感じたらとりあえず病院に行くべきだなと感じています。

医者

内科のかかりつけ医の見つけ方【都筑区で信頼できる内科とは】

都筑区でかかりつけ医の内科を見つけたいと感じた時には、丁寧な診察と納得できる説明があるのかや、大学病院との連携はいかにスムーズでしっかりとしているのかを基準に考えると良い内科に巡り合えます。

タブレット端末医療

下肢静脈瘤に気づいたきっかけ【患者に聞いてみました】

下肢静脈瘤は足のダルさや血管が浮き出てくるなど、目で見てわかることや感じることもありますが、なかなか病院に行くほどとは考えない人も多いです。しかし異変を感じたら、早い段階で診察を受けに行くべきではないでしょうか。

医者と看護師

検便検査をしよう【検便検査が必要な場面とは】

医療機関においては、検便検査を行い病気を特定しますが、検査が必要になるシチュエーションとは他にどんな時なのでしょうか。福祉施設や学校なども例外ではないようで、多種多様な人が口にする食品を守る行為にもなっています。

リハビリが必要になる前に【脳梗塞を予防しよう】

生きていると病気にかかることがあります。しかし、病気と一言で言っても沢山の病気が存在します。軽い風邪や下肢静脈瘤などのように命に関わることがないような病気から脳梗塞や糖尿病など命に関わる病気など様々です。脳梗塞は、脳内の血管が詰まり酸素が脳に届かなくなる病気です。一度、脳梗塞を発症してしまうと脳の細胞は再生しないので、後遺症が残ってしまいます。また、糖尿病は、血糖値が上がると発症する病気です。神経障害や動脈硬化などの合併症を引き起こす病気で、やっかいなものです。これらの病気は生活習慣病と呼ばれ、不摂生な生活が続くことで発症リスクが高まります。なので、生活習慣を改めて予防していくことが大事です。また、早めの段階で発症したことに気が付くことも重要になります。定期的に内科で検診を受け、体調が優れない時にはすぐにかかりつけ医に相談しましょう。そして、病気について理解するということが重要になります。