ロゴ
HOME>トピックス>糖尿病の食事について考える【病気が発症する前に】

糖尿病の食事について考える【病気が発症する前に】

年配男性

糖尿病の基礎知識

糖尿病とは、血糖値が高い状態が長い間続いた状態をいいます。正常の状態では食後に上がった血糖値は膵臓のベータ細胞から出されたインスリンによって下げられます。しかし、糖尿病ではこのインスリンがうまく作用しなくなっており、血糖が高いまま下がりません。糖尿病になってしまった後には生涯にわたって血糖、体重、血圧、脂質をコントロールすることで、網膜症、腎症、神経障害や動脈硬化症を予防し、糖尿病でない人と同じような生活を送れるようにすることが治療の目的となります。血糖、体重、血圧、脂質などは、運動や食事などの生活習慣が大きく関わってきます。糖尿病の食事では年齢、性別、身長、体重、日々の生活の過ごし方で規定される適正なカロリーを1日3食よく噛んで食べることが大切です。

医者

調尿病予防の食事

糖尿病にはⅠ型とⅡ型があり、肥満などの生活習慣が関係するのはⅡ型の糖尿病であり、日本人患者さんの95%はⅡ型であると言われています。Ⅰ型の糖尿病は予防することができませんが、Ⅱ型の糖尿病は生活習慣改善で予防することができます。過食や運動不足、ストレスによって膵臓のインスリン分泌能が疲弊したり、インスリンの効き目が下がってしまったりします。間食を控え、1日3食バランスの取れた食事を取ることで膵臓を守ることができます。実際に糖尿病の食事は医師から指示された食事指示票(食事指導票)を用い、食品交換表を活用します。そして、バランスのとれた食生活を過ごせるようにするのです。その食事は膵臓に負担がかからないように計画されたものですので、糖尿病の食事を糖尿病予防のために参考にするといいかもしれません。